今おすすめのビジネスローン

一時的なつなぎ資金を借りるなら
【ビジネクスト】
事業拡大・決算時などの
まとまった資金の利用に便利!

↓↓↓↓↓↓↓

法人・個人事業主向けなら
【ビジネスパートナー】
審査結果は最短1日
お急ぎの場合にも迅速に対応

↓↓↓↓↓↓↓

《低金利》で借りたいなら
【オリックスVIPローンカードBUSINESS】
業界トップクラスの低金利
最短で当日融資が可能!

↓↓↓↓↓↓↓

ビジネスローンを利用するのは、主に法人と個人事業主です。事業を営むために必要になる資金の借入をします。オフィスとして使用する建物を維持するための費用や、仕入れに使うための費用などがあるため、借入をして資金を調達するというわけです。

そして、売掛金を回収すると、会社に多額の現金が入ってくることになるため、ビジネスローンの返済をすることができます。

法人のビジネスローンは審査がスムーズ

そして、ビジネスローンを利用する場合においては審査に通らなければなりませんが、個人事業主よりも法人の方が審査がスムーズとされています。その主な理由としては、法人は、社長などの役員がプライベートで使うポケットマネーと、会社の事業資金が明確に区別されているためです。

個人事業主においても、事業用の資金とプライベートのお金は分けるのが一般的ですが、その区別が曖昧になっている人も少なくありません。

特に青色申告をやっていない個人事業主の場合には、あまり厳密に財産管理をしていないことが多い傾向にあります。そのためビジネスローンにおいても、審査に通りにくいことがあります。

また、単に法人格があるからという理由だけで審査に通りやすくなるというわけではありません。決算報告書のコピーや試算表などを提出させて、数字をしっかりと吟味して審査を行っています。

また役員借入金が多い場合においては、法人であっても審査に通りにくくなる場合があります。社長個人のお金と会社のお金との区別がきちんとしていない可能性が高いためです。

法人契約するときに必要なもの

ビジネスローンは法人と個人事業主が利用することができます。プライベートで用事でお金を借りる場合とは、状況が異なるためです。そして、申し込みをする際にも、手順や必要な書類が個人的な借入をする場合とはやや異なります。そのため、申込手続きをする前に、必要な書類が揃っているかどうかを確認することが大切です。そして、法人契約をする際には、法人の代表者が行うことになっています。

ビジネスローンの法人契約をする際に準備しなければならない書類として、登記事項証明書が挙げられます。これは、本当に法人格を持っているのかどうかということを確認する目的で提出を求めています。法人格があれば、代表者名義ではなく法人そのものに法律上の権利義務が帰属するため、法人格があるかどうかの確認というのはかなり重要です。ビジネスローンを利用すると、返済義務を負うわけですが、社長などの代表者ではなく法人そのものが返済義務を負うという形になります。そして、印鑑証明書も必要です。法人の社印と代表者個人の印鑑の両方です。法人はお金を借りる名義人であるからという理由で、代表者のものは代表権を行使したということを確認するためです。

他に決算書などが必要になります。これは会社の経営状況を把握するためです。法人契約をする際の審査では、会社の事業がどの程度の規模で、利益や売上がどのくらいあるのかということが重要になってくるためです。業者によっては事業計画書などの提出も求めることがあります。