今おすすめのビジネスローン

一時的なつなぎ資金を借りるなら
【ビジネクスト】
事業拡大・決算時などの
まとまった資金の利用に便利!

↓↓↓↓↓↓↓

法人・個人事業主向けなら
【ビジネスパートナー】
審査結果は最短1日
お急ぎの場合にも迅速に対応

↓↓↓↓↓↓↓

《低金利》で借りたいなら
【オリックスVIPローンカードBUSINESS】
業界トップクラスの低金利
最短で当日融資が可能!

↓↓↓↓↓↓↓

企業では、事業に使うための資金を調達するために、ビジネスローンを利用することが多いです。個人がプライベートで使うためのお金を借りる場合とは、明らかに性質が異なるため、通常のカードローンやフリーローンとは別のサービスとして提供されています。そのため、審査の基準などに関してもだいぶ異なります。

そして、ビジネスローンのサービスを提供しているのは、主に銀行や信用金庫ですが、ノンバンクも取り扱っていることがあります。

個人の無担保の借入の場合には、貸金業法の総量規制の対象になります。銀行や信用金庫が借入先の場合には適用されませんが、貸金業者が借入先であれば、最大でも年収額の3分の1までしか借りることができません。

ビジネスローンは総量規制の原則として対象外

これに対して、法人が利用するビジネスローンであれば、ノンバンクから借りる場合であっても総量規制の対象外になっています。そのため、代表者の年収の3分の1を超える金額でも借りることが可能になります。

さらにビジネスローンを利用するのは法人格のある会社だけではありません。法人を設立せずに事業を営んでいる個人事業主も、ビジネスローンを利用しています。プライベート用のカードローンで借りたお金を、事業用に使うことができないためです。この際にも条件付きで総量規制の対象外になります。

ただし、確定申告書の内容や事業計画書の内容を見て、金融機関の担当者から返済が可能だと判断されなければなりません。そうでない場合には、プライベートの借入を同様に総量規制の対象になります。